子供のころから毛深いことが一番の悩みの種だった私は、永久脱毛というものがこの世に存在するということを知った時から「いつか必ず永久脱毛するんだ!」と心に誓っていました。子供心にも毛深い自分は醜いのだと感じていたし、同級生の男の子にからかわれたりして辛い思いも経験していました。

そんな私が実際に永久脱毛をすることができたのは社会人になってからです。私が一番気にしていたのは脚(ひざ下)でしたが、調べてみると数十万円かかるとのことだったので、とても子供に出せるお金ではありませんでした。とりあえず除毛クリームや時にはカミソリでもっぱら処理を繰り返していたので、肌荒れを起こしたり傷を付けたりとトラブルも少なくありませんでした。

そしてようやく社会人になり自分でお金を貯めることができた私は、子供のころからの念願だった永久脱毛をすることにしました。とある美容外科でまずはカウセリングをしてもらっていざ脱毛開始!ところが私の永久脱毛に対する強い想いをあっけなく打ち砕いたのは、レーザーの痛みでした。事前説明では輪ゴムがパチンッと肌に当たったような感じとの説明を受けました。確かに始めはゴムパッチンって感じで、まあ我慢できる範囲の痛さでしたが、レーザーをあてる回数を重ねるうちに脚が熱くなってくるようで痛みも強く感じるようになってきました。毎回終わった後は体に無意識に力が入っているので疲労感が半端なく、カチコチになった肩とヒリヒリする脚を引きずりながら帰っていました。痛いと訴えたいところをやせ我慢しながら「夢を叶えるんだ!」と思い直すことで、自分の挫折しそうな気持ちを叱りつけてなんとか通い続け、ようやく憧れていたムダ毛の無いツルツルの脚を手に入れました。

痛みについて、感じ方にはかなり個人差があると思うので案外平気な人も多いと思います。もともと私が怖がりで痛がりなものですから、かなり強く感じてしまったのかもしれません。ただ施術前に説明を受けた時に、一回テストをしてもらった時の感じ方と、実際とのギャップがあったような気がしました。私の友達には全然平気だったという人もいるので、本当に人それぞれかもしれませんね。

ちなみにエステの脱毛なんかは本気でムダ毛処理したい方はしないほうがよいですよ。あれは永久脱毛ではありませんので・・・一応軽くソースを下に。

以下引用
現在永久脱毛と呼ばれる脱毛施術は医師法に基づいた医療行為にあたります。当然ながら脱毛サロンは医療機関ではなくエステサロンにあたりますので、永久脱毛をすることは法律的にも無理なのです。

脱毛サロンでおこなわれている美容脱毛はあくまで「減毛のための脱毛」なのです。まずはこれを知り、それでもなお脱毛サロンで脱毛するのかどうか自らで判断するところからはじめましょう。
参考文献 永久脱毛情報ガイド~サロンは永久脱毛じゃない!?

とにかく多少の痛みはありましたが、キレイなムダ毛の無い脚を手に入れられたのですからトータル的には大したことではありません。所詮その程度の痛みです。私にとってはそのくらい毛深いことで悩んでいたことから解放されるということは素晴らしいことなのです。永久脱毛をしてからずいぶん経ちますが、もちろん未だに毛は生えてきていません。自分の脚を見るたびに「永久」という言葉の実感をかみしめています。本当にやって良かったと思います。