生活費の中で、食費や衣服費を節約するように心がけています。
まず、食費については家のふきんには地元の野菜の直売所が何か所もあるので、野菜はそういった直売所でなるべく買うようにしています。
季節の新鮮な野菜がスーパーで買うよりも安く購入することができるのでありがたいです。
特に冬の間はみかんなどたくさん食べる果物もスーパーで買うよりもお得なので利用しています。
また、家庭菜園で、ねぎやトマトなどの薬味を育てています。
豆苗もスーパーで購入した時には水に入れて、育て2回は食べるようにしています。
毎年、サツマイモの苗を植えて、サツマイモを収穫します。
近所に配ることの出来るくらいの量の収穫があり、苗の代金を考えてもコストパフォーマンスが良いです。
衣服費に関しては、インターネットのサイトでお得になったものを探して買います。
名前の知られた衣服メーカーの洋服が50%オフで買えることもあります。
ただし、こちらは割引のものだと返品や交換ができない可能性が高く、失敗したこともあるので、最近ではとても慎重に選んで、迷ったら買わないようにしています。
一度など、サイズの交換のために、最初に届いたものを送り返す送料がかかってしましいました。また、返品したものにあらかじめ払った送料についても戻らなかったのでかなり損をだしてしまい落ち込みましたが良い勉強をしたと思って、これからはサイズに迷ったものは買わないと決めました。
子供服などは少々サイズが大きいものを買っても、とっておけば成長した際に着ることができるので、安い時には迷わずに購入してしまいます。
また、ベルメゾンネットでは、返品、サイズ交換について、新しいものを注文すれば、そのお届け時に返品のものを無料で引き取ってくれるサービスがあり、ありがたいです。